スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイ・麻雀大会最終回

エッセイ・麻雀大会最終回

続きを読む »

テーマ : ハンゲーム - ジャンル : オンラインゲーム

エッセイ・麻雀初対戦その2

エッセイ・麻雀初対戦その2

続きを読む »

テーマ : ハンゲーム - ジャンル : オンラインゲーム

エッセイ・麻雀大会その1

エッセイ・麻雀初対戦その1(親愛なるジョンへ)

続きを読む »

テーマ : ハンゲーム - ジャンル : オンラインゲーム

エッセイ・間島さん

エッセイ・間島さん

続きを読む »

テーマ : ネタ帳 - ジャンル : お笑い

お笑いの世界へ紹介

今回のオススメサイトは・・


お笑いの世界へ



さんです。


このサイトは大きく三つの機能があると思います。


1、1つめは芸人批評サイトです。ダウンタウンやナインティナインなどはもちろんFUJIWARA,バッファロー吾郎まで管理人さんの世代によっていることはあるでしょうがかなり幅広く解説されております。それもかなり詳細で生半可なプロよりもレベルの高い批評だと思います。



2、2つめは参加型大喜利サイトです、気軽に参加できて10分ほどで結果が出るチャット大喜利というのもあります。大きな大会も不定期にですが行われます。



3、3つめは笑いの議論BBSがあることです。議論目的というわけではないのですが、様々な笑いについて、芸人について、お笑い界から普段の実践について、自作ネタの批評をお願いする方もおられたり、かなり深い論議が巻き起こされています。



という訳でよろしかったらどうぞ。他の大喜利サイトは左のリンク集にあります。




テーマ : お笑いネタ - ジャンル : お笑い

3巡目満貫さんの紹介+カバーエッセイ

今回はとっておきのお薦めのブログをご紹介したいと思います。


3巡目満貫

さんです。
日記あり創作ありの笑いのブログです。体当たりで説得力を持たすため、というよりただ自分が一回したかったため、ブログ解説の前に彼の文章をカヴァーしてみました。ネタ元自体はオリジナルです。

続きを読む »

テーマ : お笑い - ジャンル : お笑い

漫才「mihimaruGT」

漫才「mihimaruGT」

続きを読む »

テーマ : お笑いブログ!!! - ジャンル : お笑い

新しいコンビニの万引き(漫才)

新しいコンビニの万引き

続きを読む »

究極の検索ワードVS至高の検索ワード後編

前回までのストーリー

究極の検索ワードVS至高の検索ワード前編


究極の検索ワードVS至高の検索ワード中編



究極の検索ワードVS至高の検索ワード後編


海原「さてデザートだ。」



芸人になりたい、芸人、売れる、芸人になるには、放送作家になりたい、漫才、コント、台本、ネタ、相方、おもしろ、笑い、ボケ、つっこみ、フリ、ノリ、トーク、一発芸、横山やすし、西川きよし、やすきよ、いとこい、吉本、松竹、人力舎、スクール、お笑い大賞、新宿ルミネ、うめだ花月、エンタの神様、笑福亭鶴瓶、タモリ、明石屋さんま、松本人志、中川家、フットボールアワー、おぎやはぎ、陣内智則、友近、ケンドーコバヤシ、オリエンタルラジオ、タカアンドトシ、しずちゃん、バッファロー吾郎、八方師匠



唐山「やけに数が多いな。豪勢だ。」

京極「こ、これは・・お笑い好きや芸人志望者が検索しそうなワード??」

海原「その通りだ。」

山岡「し、しまった・・・」

海原「だが、私はこれらで検索した事は特にないがな・・」

京極「じゃあなんで・・」

唐山「そこが雄山の分からんところじゃ。」

栗田「というか、最後の八方師匠が全く分からないわ・・」

団社長「それに、しずちゃんって・・パーフェクトに山ちゃん無視だ・・」


司会者「先生、皆さん困惑しておられるようです、ご説明をお願いできますか?」


海原「うむ・・テーマはこのサイトは何のサイトかということだ。」


京極「えらいまた根本的な・・」

唐山「そこが雄山の凄い所じゃ。検索ワードでも根本にまで遡り一切の妥協を許さんのだからな。」


京極「根本と言えば、わしの名は京極万太郎やで、なんでこないなモテにくい名前付けよんねん、どんな恋愛ドラマでも『万太郎!』って叫ばれたら冷めるわ。」

唐山「それを言うなら、わしの名前は陶人じゃぞ。陶器の人じゃ。陶芸をやっとらんかったら、全くカッコが付かん名じゃ。両親とは恐ろしいのお。」


海原「・・・説明に入らせていただく。このサイトはインターネットの中のお笑いを広める趣旨のサイトだろう、ならばお笑い好きや芸人志望者のような人間が来やすいワードを散りばめるべきだ。どのサイトでも基本は同じ、たくさんの人に来て欲しいなら自分のサイトの特性を見極めた上で、キャッチーな検策ワードを使うのが効率の良い方法だろう。いかにそれで検索する人数が少なかろうとな。そのほうが、そのサイトを利用する率は高かろう。」

栗田「あ、あー!」

山岡「やはり、そうだったのか・・」


海原「大事なのはヒット数だけではない、いかに来られた方に満足していただけるサイトを作るかということだ。完全に自分の日記代わりなら、ワードでも出来るし、人には読ませたくない事も書ける。それでもあえてブログ、サイトで公表するからにはもてなしの心は必要であろう。」



司会者「それでは審査に参りたいと思います。」




審査中





審査委員長「審査の結果、引き分けと致します。」

パチパチパチパチパチ・・

大原社主「・・・なんとか引き分けに持ち込んだか・・」

小泉局長「一時はどうなるかと・・」


審査委員長「最初は自分のサイトの特性に合わせた検索ワードを用いるという事を示した至高の検索ワード側に傾きましたが・・・」

唐山「・・・究極側のお笑い好きだけでなく、どんな人にもとりあえず一回見てもらうという姿勢も大事なことだと気付いた。」

京極「お二人とも大事な事を教えてくれた。従って本当は引き分けやのうて、両方勝ち。」


大原「両方勝ち・・まあ、今回は誉めてやろう・・」



海原「士郎・・お前には本当の勝者が誰か分かっているはずだ。いいか、貴様は検索の根本を忘れただけでなく、もてなしの心を忘れたのだ。現実であろうとネットであろうと、訪問者は客という視点では同じ。目の前のヒット数に踊らされ、そんな基本を忘れた男が究極だと?ちゃんちゃらおかしい!皆の笑いものになるだけだ!うわっはっはっはっは!」



山岡「・・検索ワードでそこまで否定しなくても・・」



まだ言い切れてない所がありますので第二弾に続く、かも?
参考文献はありませんが、漫画『美味しんぼ』を読んだ記憶を元に書きました。



結果、検索の多いのはブログ検索でのお笑いワードでした。究極側の検索では・・ほぼゼロです。

それもこの記事が新しいうちはたくさん来るけど、最近は来られないですね。

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

究極の検索ワードVS至高の検索ワード中編

究極の検索ワードVS至高の検索ワード中編


山岡「どういうことだ!」

栗田「一体何が・・」


海原「お前はまた失敗を犯した。そんな検索で目当ての人たちは来ぬ。」

小泉局長「どんな失敗を犯したというんだ・・」


海原「貴様の選んだのは、Yahoo総合ランキングの上位5つのサイトだろう。そんな単純な選び方で客が来ると思っているのか?」

山岡「しかし、これ以外にもまだある!その中から選びぬいた結果この5つになっただけだ!!」


海原「それ以外にとはなんだ?ORANGE RANGEかKAT-TUN、そのメンバーで留学した赤西仁、はたまた検索の割に記事が少ない蒼井そらでも選んだか?それとも時事で、のだめ、年賀状、YOUTUBE、ノロウイルス、プレイステーション3、宮崎談合かその辺りか?」


栗田「図星だわ・・完全にこちらの意図を見抜かれている・・」

山岡「じゃあお前はどうなんだ!これ以外に何があるっていうんだ!」


海原「論より証拠、私の選んだワードを見ていただこう。」

司会者「で、では至高の検索ワードを・・まず前菜から。」



M-1


京極「M-1とはクリスマスイブにやる漫才大会のことか?」

唐山「確かに、M-1は一大イベントだが・・世間ではそれほど大きいイベントというわけではない、雄山の奴、なぜこんなものを・・」

海原「続いてはオードブルだ。」




アマ芸人、変ホ長調


京極「こ、これは・・」

海原「M-1で一番といっていいほど注目されているアマ芸人です。女性二人組みでOLネタをするコンビだ。」

唐山「一体どういうつもりだ・・」

大原社主「アマ芸人なんて、うちのGogleに敵うとは思えんがな。」




主菜 FUJIWARA


京極「FUJIWARAて!あのおもろない芸人か!」

唐山「確かに滑り続けとるのお・・でも映り続けているでもあるようじゃ。」

栗田「確かにあの芸人は滑り続けて・・まさか・・」


海原「そう、あれは滑り芸だ。」

一同「滑り芸!?」

海原「詳しく知りたければ・・検索してみるのだな。」

山岡「う、うう・・・」

海原「やっと気付いてきおったか。さてデザートだ。」


京極「これで検索ワードの真髄が分かる・・」

唐山「最後の一品、楽しみじゃわい。」

栗田「・・・山岡さん・・」



さて至高の検索ワードのデザートとは何か?続く。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

究極の検索ワードVS至高の検索ワード前編

究極の検索ワードVS至高の検索ワード


司会者「さて、本日は究極VS至高、テーマは検索ワードです。どういう単語を盛り込めばサイトに来てくれやすいのか、それを競おうというものです。それではまず究極側からどうぞ。」


山岡(新聞記者、究極の検索ワード担当者)「まず、前菜です。」

京極(商人、審査員)「ほお・・これは・・」

唐山(陶芸家、審査員)「ふむ、士郎の奴、これを出してきおったか・・」




Amazon



栗田(新聞記者、究極担当者)「皆さんご存知の通りAmazonです。Amazonは本、DVDなど幅広く扱う販売サイトで利用者もたくさんいます。」

唐山「なるほど、さすがゆう子ちゃん、目の付け所が違うのお。」

京極「ちょっとレアな本、他に少し前に出た本なんか、ここに頼るのがええ。」

山岡「次です。オードブル。」





goo


唐山「なるほどこれは便利だわい。」

京極「そや、調べ物はここに限るわな。」

海原雄山(美食家、至高の検索ワード担当者)「フッ・・」

栗田「気になるわ・・あの表情・・」

山岡「・・次は主菜、三種盛り合わせです。」





Gogle、Yahoo, 楽天


唐山「ほうほうほう、これはこれは。」

京極「ネットの粋を極めた取り合わせやのお。この三つさえあれば他に調べもの、買い物サイトはいらんぐらいや。MSNが無視されてるのが可愛そうやけどな、うちは初期画面の変え方が分からんからそのままMSNや。」

一同「ハハハハハッ!」

海原雄山「・・・(^-^)」

栗田「あの余裕の表情・・」

山岡「デザートです。」








2ちゃんねる



唐山「おー!こ、この表現の自由さは!!」

京極「なんや!これは!癖は強いがスパイシーや!これは中傷書き込みやな!」

団社長(主催者)「しかしまた別の、このほっこりした味は・・・電車男か!」



小泉局長「これは勝てます、勝てますぞ!」

谷村部長「まあ、これなら大丈夫でしょう。」



海原雄山「ふははははは!これが究極の検索ワードとは笑止千万!こんなものは検索ワードに値しない!究極の検索ワード敗れたり。」



山岡「ど、どういうことだ!」

栗田「何がいけなかったの!?」



続く。

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

山里さんに笑いの神が

山里さんに神が降りた。


日本アカデミー賞の最初に噛み。


そしてインタビュー中に音声が途切れ、無音のまま中継。



すごいなあ。

テーマ : 芸人ニュース - ジャンル : お笑い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。