スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイ・麻雀大会最終回

エッセイ・麻雀大会最終回
やあ、ジョン、お待たせ。元気にしていたかい、分かった、君の気になっているハンゲーム、3巡目満貫杯の続きについて綴るとしようか。このもっさり羽のついたペンでね。それとタイトルが何気にちょこちょこ変わっているが気にしないでくれたまえ。


え?これを書く事においてみんなとの信頼関係が損なわれる危険があるって?まあ、それは確かに分からない。でも、この出来事をコメディ化するしか今の僕には選択肢はないと判断したのさ。それとジョン、僕は隠さない男だ。うん、ハンゲームのシステムをナメすぎてた。一回、人ともちゃんとやっておくべきだった。




さあ続きに入ろうか。



間違えて入ったロビー001.とにかく、プレーはツモ切りの連続しかなかった。とても真面目に打てる心理的状況じゃない。私の内面をぬきにして事実だけを見て。対戦すべき相手を待たせながら自分は他の人と打っている。人として最低な映像だ。もちろん心理的には早くここから出たい、終わりたいの一心なのだが。君だけは分かってくれるよね、ジョン。


もう一度kevin氏にメールを送る事にした。そう紳士的にね。



「すいません。
ちょっと参加できそうにもないです。待たれていたらすぐお初めになって下さい。
申し訳ありません。」



記録では11時11分。そう、限界を感じた時期だった。結構丁寧な表現だろ?私も今、見て「あ、つっこめねえ・・」と思うほどの出来の良さだ。「お初め」って普通の20代は使わないがね。これはこれで紳士的過ぎた。人間って諦めると結構冷静になれるみたいだね。本当に反省しているよ。いえ、反省しております。



そう思ってたら・・・



半荘が終わった。



プレーのルールが良く分からないが13分ぐらいで終わった。みんなあまり考えずに素早く打っていたような記憶もあるが・・それでも速すぎる。でもこれは神が与えてくれたチャンス!!慎重に退室ボタンを選んでクリックした。ちなみに、その半荘での私の順位。ツモ切りしかしていないのに・・






三位だった










ああ、麻雀って分からないだろ。普通、ゲームで勝つ気がないのに、最下位じゃないってありえないよ。ジョン、麻雀ってのは中国4千年で磨かれた深い深いゲームなのさ。
ああジョン、ちゅんと私はプレー中、彼らにチャットで「約束している人と打つつもりが間違って入ってしまいました。」「真面目に打っていなくてすいません。」と書いた。ああ、状況説明は当たり前だろ。まあ今も、これを書きながらほんと真っ赤になっているけどね。ヒーター要らずだ。え、そこまで書かなくてもいい??いや、ジョン、叔父さんは隠さずに話すと言ったろ。

そして・・



麻雀3>交流広場>ノーレート>半荘戦>ロビー001


大会の主催者、ミスターkevinがくれたメールの暗号を元に行く。え?暗号じゃない?初心者にとっては暗号さ。
ファーストインプレッションは、ドイツ軍か!と思ったよ。交流広場が分からず、「交流広場って何?」「交流広場って何?」をパソコンの前で繰り返し叫んでいたよ。「うるさい!」って家族に怒られた。家族ともちゃんと交流ができてないのに交流広場に行けるわけないよね。交流する資格がないかもしれない。


で、交流広場に行く。どうやら普通に資格はあったらしい。
その時あたりに、確かそこでまたメールチェックをした。彼からメールが来ているかもしれないって思ってね。来た来た!









エロメールが。




ある意味タイミングよすぎんだよ!!!
おっとごめん、思わず我を忘れて取り乱しちゃった、ジョン。僕も予想外のイン・ファクトさ。しかしこのエロメール(タイトル「貴方の利き手で私を・・・」)のお陰で、もうkevinさんとは連絡は取れそうもない、自分一人の実力で行くしかないことをなぜか思い知らされたよ。



そうして彼の暗号を元に大会会場を探す、まあやり方が分からないというより慣れていないだけなんだけど。色々設定しながらロビー001を探す。ロビーなんて優雅なワードが似合わないほど必死に。しかもロビーを一回間違えそうになった。今度は入らない、ジョン、任せておけよ、叔父さんは二度は同じ過ちは犯さないさ。


で、見つけた。3巡目満貫杯会場。この大会名だけ見たら・・「はあ?何夢見てんだよ!」と麻雀好きのヤクザにつっこまれそうな大会名である。いや夢があるからいいんじゃないかと思いつつ会場のドアを思い切り開けた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





まだ始まっていなかった!!!!! (ホントすいません!!)




謝った・・もちろん心から謝ったよ。ジョン。さすがにヤバかった・・・かな?約15分遅刻だからな、さすがに。
ちょっと自信を失ってしまったよ。もうちょっと準備しておくべきだった。「天」読んでる間にやれよ、ってあの頃に自分にプロレス技をかけながら言ってやりたい。

ただこの「天」を読んだゆえの勝負強さを身につけ、そして結果として相手を待たすという宮元武蔵バリの戦法が効を奏すわけなのだが・・そして試合だ・・ジョン。


なに、ジョンそういう風に考えるのは卑怯だって?
そうさ、でも、そういうものなのさ。礼儀としては悪い、でも勝負師としては与えられた条件はなんでも利用して勝ちに行く、そう自分らしくね。そのしたたかさがないと勝負には勝てないよ。分かったかい?ジョン。自分の価値観はしっかりと持つんだよ。


そして皆さんと、ちょっとした挨拶。もうヤバい、チャットなんてしねえし、その点でもチャットマナーとかでマイナス評価されそうだ。まさかハンゲームと言うのは、コミニケーション能力とタイピング能力まで問われるゲームだとは・・・文書処理検定3級の誇りを賭けて応じた。あまり応じれなかったけど。


ちなみに私のここでの名前はtelehomeなんだ。これはこのブログの記事に書いたあるテーマで、kevinさんがつっこんでくれると思って名づけたんだ。うんrockinが既に使われてたのもあるんだけど。でも暖かくつっこんでもらえる状況では・・・・・・多分なかった。




そして試合突入!!




牌が配られる・・いい緊張感だ。私は生身の人間とするのは初めてだからね。

というか正直、まず、みんなのポジションが中級もしくは庶民というのが気になった。私だけ見習い10級。庶民以下ってなんだ?私は庶民と呼ばれるぐらいの生活レベルは維持しているつもりだが。まあいい。これ以上これで話を広げる自信がない。


試合は・・・最初の半荘・・・名前やブログは一応存じているものの初対面のミスターナオシーが超優勢。もう序盤から満貫が出て一気に60000点越え。話にならない。すごいすごすぎる。60000ってギニュー隊長が見定めた悟空の戦闘力以来の数値だ。待った待たされた関係ねえじゃん、「宮本武蔵は嘘つきだ。」と思った。




という訳でナオシーさんがそのまま一位で半荘終了!(あっさり解説しましたが、ほんとナオシーさん、すごかったです。)



ナオシーさんの圧勝に加え、この試合は、私とミスターkevinとの2位争いはドラマだったと思う。もちろん胸を借りるつもりで打っていたが。結構接戦だったと思う。人間同士だと余計ハラハラした。まあ私は試合前からというか遅刻が現実味を帯びた時から、ずっとハラハラしていたが。

とにかくマージャン能力に加えチャットという会話能力が問われる複雑なゲームだと思った。さっきも言ったとおりコミニケーション能力まで問われるゲーム、タイピングしながらマウスを使って牌を捨てねばならないという過酷なゲームであった。チャットを優先してしまい、両面待ちのリーチを単騎待ちにしてしまったポカも一回あった。
あと漫画、「天」の「ざわざわ・・・」やはりあの表現は、みんな気になっていたんだ。だって絵は明らかに「ざわざわ」じゃねえ時あるもん、そんな想いが一つになるシーンもあったよ。




次の半荘



結果kevinさん優勝!!(略しすぎ)




しかしトータルの優勝はナオシーさん!!!


おめでとう、心からおめでとう。と思ったよ。そう私は紳士だからね。くそおおおおおお!!、ちくしょおおおお!!!もうちょっとだったのにいいいいい!!!!


ね?(本当におめでとうございます。)



ああ、万が一のネガティブ方向への誤解を恐れて思わずカッコ書きを付け加えてしてしまったよ。
ははは。でも、恨みとかそういうのは全くといっていいほどないよ、相手をしてくれた感謝の気持ちのほうが大きいに決まっているよ。しかし、素直に悔しさと称賛の気持ちが両方あったって書いたほうが勝負師としてナチュラルじゃないか、ノンノで麻雀エッセイを任せてもらえるぐらいナチュラルじゃないか。そう思わないかい?ジョン。だろ?ドーンチューだろ?ほら君には隠さないだろ?



とにかく私が三位で最後は接戦だった。これで大会終了。
最後の一局で1,2,3位が決まる状態だった、満貫レベルや、ロンなら全員に優勝の可能性があるという、これまたドラマ的な試合。ほんとに「天」が降りてきたとしか思えない。しかしこの試合、私は欲が出たのかも、結果負けて二位から三位に・・。でも最後まで勝つ気で打っていたから後悔はない。いいかいジョン。勝ち負け以前に勝つという姿勢を最後まで持つことが大事なんだ。そう、途中でくじけちゃいけない、人生だってきっとおんなじさ。




じゃあ、また手紙を送るよ、読んでくれてありがとう。
そうそう、クリステルとカエラとローサによろしく。

親愛なるジョンへ。君の叔父から。






PS


待たせたみなさん本当にすいませんでした!!!お相手ありがとうございました!!



ほんとこの記事を見返してこれから気をつけます。
スポンサーサイト

テーマ : ハンゲーム - ジャンル : オンラインゲーム

COMMENTS

待たされて悔い無し。
大満足のこのブログが見れたから・・。
爆笑に告ぐ爆笑。
ハンゲを細かくいじる姿がツボりましたww
楽しかったです。
また、普通に麻雀打ちましょうwww

よかった・・・これをネタにする以上、なんとしても面白くしないといけないと思ってたんで・・・
すごい嬉しいです。そんなもう。ありがとうございますしか言えませんがありがとうございます。

私もそちらへ読みに行きますね。

また、機会があったらぜひ打ちましょう!!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。