スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読むコント’何丸’がブロガー必見のネタを掲載。

独占スクープ!読むコント’何丸’が再びブラックユーモアに?



知る人ぞ知るコント掲載ブログ「読むコント’何丸’」
がついにデジタルでありながら粘っこい、文字通りネットりした、この建前と本音が渦巻くブログ界に衝撃を与えるネタを発表した。


読むコント’何丸’(師匠と何丸)


読むコント’何丸’(ブロガー・リブート・キャンプ)



の2つである。そしてこれらの記事によって、孤高もしくは、師匠だと思われていた何丸氏に師匠と教官がいたことが明らかになった。ダブル受講疑惑が濃厚となった。
直前の文章に深い意味はなく単にニュースっぽくしたかっただけである。
記事の内容ははっきり言って生半可なブログ運営術よりリアルである。人間の謙虚さの裏にある注目して欲しい精神、かまって欲しい精神を見事に現している。アクセス数を伸ばしたいと思っているブロガーは暴走族と同じである。同じである。同じである。または近いのである。衝撃を与える内容ではあるはずだが、ろくに検索に引っかからず、リンク先も少なく、残念ながらあまり相手にされていない模様。


しかも私は・・・


私は全く最近このブログを見ていなかった。


「結構見てます、投票してま~す」、と鮮やかに言い切ってコメントしていたのだが、確かにコメントした時はそうだったが、それからは・・・

見ていない。


のである。自分が一番ブラックだった。ただユーモアではなかった。このブログで何かの騒動があったそうでそれで今はコメント禁止なのだが、それも・・・



事情全く分からず。




よって、


ブログの読者なんて信用してはいけないのである。


お互いに社交辞令が飛び交ってしまう外交メディアなのである。
自由に書いて、自由に見られて、自由に去られる。雲のジュウザもフランス革命を起こしたバスチーユ牢獄を襲撃した人たちも、EVERFERRを叫んだhideも井上マーも、みんなびっくりの自由なメディアなのである。それとともに、悲しいメディアなのである。でもテレビも同じ、本屋の本も同じ、そうメディアとは、そういう宿命なのである。

「なのである」しか語尾が思いつかないのが残念です。ここからあと300行に渡って理論を述べようと思うのですが、お忙しい読者のために、それを一行にまとめると・・





すいません。




スポンサーサイト

COMMENTS

タイトルもつけるようになる僕

読んで来ました。ブログを書く僕にとっては「あるあるネタ」で面白かったですww
それにしてもコメント欄で何があったのかとても気になりますね・・・。
気にしたら余計に気になります・・・。

記事と関係のないことになりますが、お勧めリンクにプラスアルファーつけて頂いてありがとうございます!
嬉しいです(´▽`)

お勧めリンクの順位は気にしないで下さい!

と書いたら気になるのかな???

自分の紹介記事で読んでくれたのが分かった事が嬉しいです。


ほんとに映画化して欲しいです。あれは。パッチギに勝てる喧嘩映画はナオッチギしかないと思います。

あれらは確かにブロガーのあるあるネタですよね。それでもかなりリアルに心情を書いてくれたのが好きです。

映画タイトルwwww

密かにコメント返し楽しみに待ってましたwww

ってかナオッチギに爆笑してしまいましたwwwwwwwwwwwwwwww
誰が見に来るとか妄想に発展してしまいましたよww

でも、映画にするなら『ナオニッチギ』で。
あっ!タコの名前入る所なかった!!!

ワンモアコメントありがとうございます。

ナオッチギ、ヒットですか!!!!!!!!!!!完全に適当なんですけど!!まあなにが当たるか分からない世界ですから・・

ほとんどタコさんの映画のような気がします。鬼さんがほんとにカッコよすぎますし、この両極端は絶対おもしろいでしょー!!


COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。